カテゴリー「⑥官営八幡製鐵所」の13件の記事

官営八幡製鐵所 旧本事務所 眺望スペース

Spaceworldsta_2
八幡東区の「JRスペースワールド駅」から
世界遺産『官営八幡製鐵所 旧本事務所 眺望スペース』へ行ってみました…
良い評判を聞かないので、今まで食指が動きませんでした…

Yahata_steel17_2
改札前にある案内表示…

Yahata_steel18_2
指示通り、横断歩道橋を進むと…
「スペースワールド」閉園に伴い行き止まりでした… 仕方ないか…
(案内表示には注釈つけるべきだな)

Yahata_steel12_2
で、道路沿いの歩道経由で
昨年末で閉園したテーマパーク「スペースワールド」エントランス前へ…

Yahata_steel02_3
その対面に『眺望スペース』への地下道があります…

Yahata_steel05_2
地下道出口にある説明板…

Yahata_steel23
地下道を出てすぐ『眺望スペース』受付に到着…

Yahata_steel20
受付横の記念撮影コーナー…
何が悲しくてこんなパネルの前で記念撮影しなくちゃいけないのか…

Yahata_steel16_2
受付で無料配布されているポストカード…

Yahata_steel01_2
世界遺産構成遺産の案内看板…

Yahata_steel07_2

官営八幡製鐵所 旧本事務所(かんえいやはたせいてつしょ きゅうほんじむしょ)
官営八幡製鐵所創業2年前の1899年に竣工した初代本事務所です。中央にドームを持つ左右対称形の赤煉瓦建造物で、長官室や技監室、外国人顧問技師室などが置かれました。1922年、製鐵所の規模拡大に伴って管理機能が移転した後は、鉄鋼研究所や検査室などとして利用されました。

Yahata_steel09_2
詳しい説明板… ふむふむ φ(.. )

Yahata_steel08_2
建設中の製鐵所(写真は1899年)…

Yahata_steel10_2
世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の説明板…

Yahata_steel15
『眺望スペース』からの初見の眺め… 遠いなぁ…
遠いとは聞いてはいたけど… これじゃ観光客とか呼べないよ…
遠方から期待してここに来てたら、市のイメージダウンになるレベル…
(しかも近辺に駐車場なし)

Yahata_steel13_2
世界遺産『官営八幡製鐵所 旧本事務所』…
ここからは、誰が撮ってもこの角度しか撮れません(ズームで撮影)…
構内を見学できるバスツアー(有料)もありますが、そこまでしてって感じかな…

Yahata_steel19_2
ちなみに撮影する場合は午前中がいいようです… 午後からは逆光とのこと…

Yahata_steel04_2
世界遺産かつ、北九州市の景観重要建造物でもあります…

Yahata_steel14_2
最後に「スペースロッジ」近くの歩道上にあるマンホール蓋もパチリ…
(スペースワールド駅近くにも2箇所確認)

養福寺貯水池と河内貯水池の桜 2017

兄弟関係にある「官営八幡製鐵所」の二大貯水池
『養福寺貯水池』と『河内貯水池』を雨天の中、ハシゴしました…
いずれも90余年前に竣工した施設です…

Youfukujidam17
まずは弟にあたる八幡西区『養福寺貯水池』から…
今年(2017年)の花見開放は3月24日〜4月9日でした…
(昨年の様子)養福寺貯水池 花見開放 2016

Youfukujidam01
入口付近の桜がキレイ…

Youfukujidam04
いつもの「石造りの階段」から…

Youfukujidam05
階段を上ると「排水口」方面は、今年立入禁止になっていました…

Youfukujidam06
木立の中の「管理事務所(監視室)跡」…

Youfukujidam16_2
雨で石が黒光りしています…

Youfukujidam08
正面の入口…

Youfukujidam09
雨でジメッとしている内部… 不気味だけど神秘的… ※鉄格子のすき間から撮影

Youfukujidam14
「取水塔」がある「堰堤(えんてい)」上の通路…

Youfukujidam18
中央部にある「取水塔」… ※ズームにて撮影

Youfukujidam13
「堰堤」横にある「下部弁室」への下り階段も今年から立入禁止に…
今後、規制区域が増えて行きそうです…

Youfukujidam10
最後に「石造りのアーチ橋」を見て『養福寺貯水池』を後にしました…

Kawachidam01
クルマで約30分… 兄にあたる八幡東区『河内貯水池』…

Kawachidam03
こちらは「堰堤」を含め、すべてが通年開放されています…
※案内板には「旧新日鐵」の社章マルエス × フジエスマークが残ります…

Kawachidam04
『養福寺貯水池』と同じく「取水塔」がある「堰堤」上の通路…

Kawachidam02
展望デッキから見た「堰堤」…

Kawachidam08
「堰堤」から見下ろす風景…
「弁室」と「減勢池」に架かる「太鼓橋」が見所のひとつ…

Kawachidam21
「弁室」付近は、現在立入禁止になっています…

Kawachidam14
自然と同化しつつある、まるで遺跡のような「三方弁室跡」…

Kawachidam12
「亜字池噴水」へ通じる「桜吊橋」は通行禁止になっていました…

Kawachidam13
最後は「管理事務所(監視室)」をチェック… こちらは現役の施設です…

高炉台公園の野外音楽堂

八幡東区『高炉台公園』にある“野外音楽堂”…
ここでイベントをしているところを見たことが無いのですが…
私のタイミングが悪いだけかもです…

Kourodaikouen05
多目的に使えそうな円形ステージ…

Kourodaikouen14
ステージバックのセンスのいい陶板レリーフ…

Kourodaikouen13
観覧席はステップ席(一部シート席)で、すり鉢状です…

Kourodaikouen15
囲むように立つ4体のブロンズ像が
ローマ建築っぽい独特の雰囲気を醸し出しています…
(子供はコワイかも…)

Kourodaikouen04
「青春」(いずれも彫刻家 樽谷清太郎 作)…

Kourodaikouen01_2
「平和」…

Kourodaikouen03_2
「労働」…

Kourodaikouen02_2
「自由」…

Kourodaikouen10
北九州市内の野外音楽堂・ステージをまとめてみました…

エリア名称
 高炉台公園  野外音楽堂 八幡東
 皿倉山  森の音楽堂 八幡東
 到津の森公園  森の音楽堂 小倉北
 平尾台自然の郷  高原音楽堂 小倉南
 高塔山  野外音楽堂 若松
 響灘緑地グリーンパーク  野外ステージ 若松
 響灘緑地グリーンパーク  水上ステージ 若松
 門司港レトロ  多目的広場 野外ステージ 門司
 紫川  水上ステージ 小倉北
 勝山公園  水上ステージ 小倉北
※個人調べ… ほかにあるかも知れません…

Kourodaikouen09
“野外音楽堂”の丘の上に建つ“高炉塔モニュメント”…

Kourodaikouen11
外観のサビも目立ち始めました…
(現地銘板によると“野外音楽堂”と共に竣工は平成7年)

Kourodaikouen08
“高炉塔モニュメント”展望台からの眺め…

Kourodaikouen06
丘を少し下ったところにある八幡村長“芳賀種義翁之碑”…

Kourodaikouen07
『官営八幡製鐵所』誘致に対しての大隈重信の感謝状が刻まれています…

〈資 料〉

Korodai
(C)1962毎日グラフ
かつて『高炉台公園』にあった“鉄都誕生記念碑”…
四方に現在のブロンズ像が配置されていました…

35
(C)1958 松竹株式会社
映画『この天の虹』に出てくるブロンズ像…

八幡製鐵 大谷プール跡 2016夏

Otanipool10
八幡東区大谷の『新日鐵住金 大谷体育館』…
旧八幡製鐵の流れをくむ二代目の『大谷体育館』です…

Otanipool09
久しぶりに敷地内にある『八幡製鐵 大谷プール』跡を見に行きました…

Otanipool05
体育館横の法面(のりめん)に当時の観客席の一部が残っています…

Otanipool08
都市高速 大谷JCTのすぐそば…

Otanipool02
夏場とあって雑草がすごいことに…

Otanipool04
上から見ると構造がよくわかります…

Otanipool06
色・素材が異なる場所は補修のあとでしょうか…

Otanipool03
観客席下に設置されている「末広杯高校水泳場跡」の銘板…
末弘巌太郎(いずたろう)氏の揮毫が印字されています…

末弘杯 全九州高等学校水泳大会
大会は1936年に近県中等学校水上競技大会として、八幡東区にあった八幡製鐵大谷プールでスタート。1958年から、日本水泳連盟の初代会長である故・末弘巌太郎氏にちなみ『末弘杯』の名を冠するようになった。かつて「末弘杯を制する者は、全国を制する」といわれた時代もあり、末弘杯で成長し五輪に出場した選手はローマ五輪銅メダルの田中聡子選手ら50人以上に上る。その後、北九州市立文化記念公園プール(小倉南区)に移り、現在は福岡県立総合プール(福岡市)で開催している。※引用:西日本新聞(再掲)

Otanipool01
上部のプレートには
「建立2003年5月 八幡製鐵 大谷プール(1934・8〜1999・2)」…
約65年の歴史、戦前に造られた日本有数の名門プールでした…

〈参 考〉

Otanipool
(C)西日本新聞社
福岡国体の水泳会場に使用された『八幡製鐵 大谷プール』(1948年)
開会式には、高松宮殿下およびGHQ師団長スミス少将が来席した…

Otanipool_furuhashi
(C)西日本新聞社
同国体3日目『八幡製鐵 大谷プール』で、当時“フジヤマのトビウオ”と呼ばれた
古橋廣之進(日本大学)が世界新記録樹立(1948年)…
※社会人・学生対抗300m自由形 3分20秒8

Otanipool1953_2
(C)毎日新聞社
『八幡製鐵 大谷プール』で遊ぶ子供たち(1953年)
なお、後方の飛び込み台は福岡国体の飛び込み競技にも使用された…

Otanipool
(C)1958 松竹株式会社
1958年公開の松竹映画「この天の虹」に出てくる『八幡製鐵 大谷プール』…

Otanigym
(C)1958 松竹株式会社
同じく『八幡製鐵 大谷体育館(初代)』…
「この天の虹」に出てくる昔の北九州

養福寺貯水池 花見開放 2016

年に一度、花見の時期だけに一般開放される
八幡西区養福寺の新日鐵住金八幡製鐵所『養福寺貯水池(昭和2年竣工)』へ…
ここ数年、個人的な新発見を探して毎年訪れていますが、なかなか見つかりません…

Youfukuji01_3
今年の開放期間は3月26日〜4月8日でした…
ここは“花見開放”と言っても“お花見(宴会)”をするような場所ではないようです…
昨年→養福寺貯水池 花見開放 2015

Youfukuji66
正門の表示板は『養福寺ポンプ場』…
“花見開放”時の立て看板以外、正門に『養福寺貯水池』の表示はなし…

Youfukuji45
今年はタイミング良く、初めて桜満開時に訪問…

Youfukuji48
毎回注目している正門広場奥の1本桜もきれいでした…

Youfukuji02
「堰堤(えんてい)」への入口はいつもの小さい階段から…

Youfukuji03
丁寧に積み上げられた石造り… 側面に穴があります…

Youfukuji04
さらに石造りの階段は続きます… ハァハァ(汗)…

Youfukuji05
側溝周りの仕事も丁寧…

Youfukuji06
爽やかな木洩れ日の林道… 遠くでウグイスの鳴き声…

Youfukuji07
登り詰めた正面に見えてくる「管理事務所(監視室)跡」…

Youfukuji19
「管理事務所(監視室)跡」は敷地内3つの道の合流点に位置します…

Youfukuji08
入口はしっかりとした鉄格子でふさがれています…
閉鎖されて何年になるんだろ(西洋の牢獄っぽい感じ???)…

Kawachi101_2
〈参 考〉兄弟関係の八幡東区河内の『河内貯水池』管理事務所…
こちらはたぶん現役施設…

Youfukuji20_2
半分近く樹木に覆われ、全体を把握することはできません…

Youfukuji09
内部はさらに荒廃が進んだような気がします… ※鉄格子のすき間から撮影

Youfukuji38
反対側の割れた窓から…

Youfukuji10
壁に残ったままの“送水現況図”…
「畑分岐」「大谷分岐」「上ノ原調整池」「道水分岐」「ポンプ室」の文字が見えます…
(「ポンプ室」は世界遺産になった『遠賀川水源地ポンプ室』のことだと思います)

Youfukuji18
焼却場跡??? 旧八幡製鐵所関連施設でよく見かける造り…

Youfukuji12
「管理事務所(監視室)跡」から「堰堤」へ続くトンネルのような林道…

Youfukuji33
林を抜けるとメインの場所… 「堰堤」「取水塔」が見えてきます…

Youfukuji14
「堰堤」上は立入禁止です…
往来自由の『河内貯水池』と違い、鉄柵が安全上、問題になってるのかも…

Kawachi01
〈参 考〉八幡東区『河内貯水池』の「堰堤」上(往来自由)

Youfukuji13
“マルエス”マークがあったと思われる「堰堤」の鉄扉…
Yahataseitetsu
官営八幡製鐵所 社章/ロゴマーク(通称:マルエス)※再掲
※資料を参考に、イラレで描き起こしましたので保証できません

Youfukuji15
貯水池内にある、いつもの灯籠らしきもの… そして、いつもの(場所にいる)鳥…

Youfukuji34_2
「堰堤」横の湾曲した階段を降りると…

Youfukuji35
湖に浮かぶ、まるで西洋の古城のような建造物が見えてきます…

Youfukuji17
「下部弁室」といわれる施設…
昨年開放されていた通路への鉄扉は施錠され、今年は近づけませんでした(T T)

Youfukuji36
目的の「下部弁室」に行けないので意気消沈気味で戻ります…

Youfukuji23
「管理事務所(監視室)跡」近くにある雑草で覆われた階段… 降りたくなる衝動が…

Youfukuji21
電柱がすごいことになってます…

Youfukuji22
名所のひとつ「石造りのアーチ橋」付近…

Youfukuji32
毎度の足場不安定のため、「石造りのアーチ橋」を遠方より撮影…
全体が見えない…T T

Youfukuji24
貯水池周辺は勾配も無く、のどかな散策路という感じです…

Youfukuji25
もちろん、気になる遺跡のような人工物を見つけては撮影…

Youfukuji30
これもいい感じ…

Youfukuji26
毎度訪問している竹林の中にある謎の通路… この先、立入禁止です…
(たぶん貯水池に飛び出ている小島か半島への入口)

Yofukujimap2
ココです… (C)Google Map Earth ベース画像借用/テキスト・円は加工

Youfukuji31
“マルエス”マークの杭…

Youfukuji27
水路上にある「鉄製の橋」…

Youfukuji28
橋の近くにある製鐵所と上津役村との「分水契約書の記念碑(昭和9年)」…
雑草で埋まりまくってます…

Youfukuji29
裏門(正式名称不明)に着いたら、折り返しです…

Youfukuji39
帰路はいつものように調整池側の分岐の道から戻ります…

Youfukuji41
自然と同化しつつある遺跡のような階段…

Youfukuji40
「堰堤」の全景が見える場所… も以前に比べ樹木が鬱蒼としよく見えません…
(全体的に年々手入れが悪くなってる気が)

Youfukuji42
欄干にわざわざアールまで付けた小橋…

Youfukuji43
その小橋が掛かる水路に「石造りの排水口」があります…

Youfukuji44
さらに隣には小型の排水口らしきもの…

Youfukuji47
正門に表示されている施設『養福寺ポンプ場』です…

Youfukuji46
グルッと回って正門広場に戻ってきました… 最初の小さい階段が見えます…

いつもは、ほぼ貸切状態なんですが
今年は、花見客やカメラマンらしき人たちを数名見かけました…
来年も、タイミングが合えば訪れたいな…

八幡製鐵所 鬼ヶ原配水場

なかなか行くことができなかった
八幡東区天神町の「八幡製鐵所 鬼ヶ原配水場」解体工事現場…

Onigahara016
まだ正門と階段は残っていました…

Onigahara01
看板もそのまま…
相変わらずおどろおどろしい名前です(昔の地名らしい)…

Onigahara02
残念ながら内部の施設は、ほとんど解体済みでした…

Onigahara04
以前は見ることができなかった階段…

Onigahara05
遺跡を見るような感覚です…

Onigahara03_2
細部に八幡製鐵所の各施設共通の意匠を感じます…

Onigahara20
当時、造ったのは名も無き人たち…

〈 ↓ 昨年(2015年)夏に撮影したもの〉
雑草が無い時に再訪問しようと写真未整理のまま放置してましたが
いつの間にか解体されてしまいました…

Onigahara08
Onigahara07
Onigahara04
Onigahara12
Onigahara03
Onigahara01
Onigahara05
Onigahara02

北九州世界遺産みやげ「ネジチョコ」

北九州の新しい世界遺産みやげとして
今月(2016年2月)発売したばかりの「ネジチョコ」を買いに
小倉北区のスイーツ店『グランダジュール ソワニエ』へ…

Grandazur
『グランダジュール ソワニエ』
午前10時の開店時に行くと、ちょうど本店(小倉南区)からの配送車が…
「ネジチョコ」は人気商品のため購入制限がありました…

Neji_chocolate01
「ネジチョコ」は2種類商品化されています…
普通のプレーンな「ネジチョコ(左)」と
ココアパウダーを振ってサビを表現した「ネジチョコ ココア(右)」
※1個入り 各54円(税込み)

Neji_chocolate02
3Dプリンターでシリコン型が造られたため
ボルトとナットは本物のネジのように実際に締めることができます…
※型は小倉北区「fabbit(ファビット)」の3Dプリンターで作成されたとのこと

Neji_chocolate06
ギフトタイプの27個入りは予算的に「ネジチョコ ココア」だけを購入(^_^;
※27個入り 864円(税込み)

Neji_chocolate04
ラベルをずらすと『グランダジュール』のカッコイイロゴが…
デザインもいい…

Neji_chocolate05
味はの大人向けの美味しいビターチョコ(カカオ57%)でした…
さらにボルトは硬め、ナットは軟らかめで、2つの食感が楽しめます…
※賞味期限は製造日より3カ月後です

Neji_chocolate03
少しリアル感を出して撮影してみました…

現時点(2016年2月)では
『グランダジュール(小倉南区)』『グランダジュール ソワニエ(小倉北区)』
『北九州八幡ロイヤルホテル(八幡東区)』のみの販売のようです…

〈追 記〉 2016年9月

Nejichoco
(C)GRAN DA ZUR
上記のクリアケースパッケージのほかに
個装タイプの新パッケージが追加されたらしいです…

養福寺貯水池 花見開放 2015

年に一度、花見の時期だけに一般開放される
“旧官営八幡製鐵所 養福寺貯水池”こと
八幡西区養福寺の新日鐵住金『養福寺貯水池』へ行ってきました…
八幡東区河内の新日鐵住金『河内貯水池』の双子の弟分です…
遠賀川から取水された水は、遠賀川水源地ポンプ室(世界遺産候補)から
一旦この貯水池に蓄えられ、八幡製鐵所構内へ直接送水されています…

Youfukuji01
昨年は悪天のため「堰堤(えんてい)」まで行くことを断念・・・
3年ぶりの訪問です・・・今年は3月27日〜4月9日でした
養福寺貯水池 花見開放 2014
養福寺貯水池 花見開放 2012

Youfukuji42
毎回思うのですが“花見開放”と言っても
桜の木も少なく、花見客も無く… いつも貸切状態なんです…

Youfukuji02
貯水池への入口は細い階段から始まります…

Youfukuji03
丁寧に積み上げられた見事な石造り…

Youfukuji04
階段は続きます… 1927年(昭和2年)竣工とは思えません

Youfukuji07
木漏れ日が注ぐステキな林道…

Youfukuji08
木々の中に隠されたように「管理事務所(監視室)跡」が見えてきました…

Youfukuji09
入口には鉄格子があり、中に入ることはできません…

Youfukuji10
『河内貯水池』の管理事務所とは違い、完全な廃墟となっています…

Youfukuji11
内部は天井の高い円筒形の空間が広がります…
壁のブルーが鮮やかです… ※鉄格子のすき間から撮影

Youfukuji12
なぜか“送水現況図”だけがそのまま残っています…

Youfukuji53
「畑分岐」「大谷分岐」「上ノ原調整池」の文字が見えます…

Youfukuji14
「管理事務所跡」から「堰堤(えんてい)」へ通じる林道…

Youfukuji15
林を抜けるとパッと視界が拡がります…
いよいよメインの「堰堤」です…

Youfukuji17
「堰堤」は、前回同様“立入禁止”でした…

Youfukuji50
「堰堤」の鉄扉にある“マルエス”跡と思われる意匠…
中の“S”が抜けたのかも…
Yahataseitetsu
官営八幡製鐵所 社章/ロゴマーク(通称:マルエス)
※資料を参考に、イラレで描き起こしましたので保証できません(ひまか)

Youfukuji16Youfukuji52
官営八幡製鐵所の“マルエス”マークはいたるところで発見できます…

Otanichosuichi
〈参考〉かつて存在した大谷貯水池の“マルエス”マークだらけの橋(昭和初期)

Youfukuji27
河内貯水池の「堰堤」より装飾は控えめです… 素朴でいい感じ

Youfukuji51
貯水池に浮かぶ灯篭なようなもの…
いつも鳥がいます… 巣でもあるのか???

Youfukuji18
「弁室」へ向かう階段を降ります…

Youfukuji19
3年前は施錠されていましたが
ラッキーなことに今回「弁室」への鉄扉が開放されていました…

Youfukuji20
西洋の古城を思わせる円柱状の「弁室」… まるでドラクエの世界です

Youfukuji21
趣味的とも思える造形美…

Youfukuji22
内部は白壁で、なぜか神聖な感じがします… 教会っぽいのかも
「LOWER VALVE CHAMBER」の文字が見えます… 和訳“下部弁室”???
※鉄格子のすき間から撮影

Youfukuji24
遠くから「的場池球場」の歓声が聞こえます…
こちらは時間が止まった別世界…

Youfukuji23
通路の突き当たりに埋もれた階段がありました…
最後に使った人は誰だろう…

Youfukuji25
河内貯水池では見ることができないアングルです…

Youfukuji28
「堰堤」から離れて裏門方面へ向かいます…
ここは名所のひとつ「石造りのアーチ橋」…
※前回同様、足場不安定のため全景撮影を断念

Youfukuji29
遺跡みたいな人工物があちらこちらに…

Youfukuji33
今回も竹藪の中の“神秘的な通路”を訪問…
開放されることは無いようです…

Youfukuji32
水路上にある「鉄製の橋」… 桜がきれいです

Youfukuji30
橋の横に旧日本製鐵時の「分水契約書の記念碑(昭和9年)」があります…

Youfukuji31
裏門(正式名称不明)に着きました…

Youfukuji06_2
帰路は分岐の道から帰ります…

Youfukuji35
自然と調和… というより同化しつつある石造り階段…

Youfukuji54
「堰堤」全景が辛うじてわかる場所…
前回より樹木が鬱蒼としています… 手入れしてないのか???

Youfukuji37
ここは3年前は入れなかった場所…
欄干付きのかわいい小橋があります…

Youfukuji38
排水口でしょうか??? 相変わらずこんな場所でも仕事が丁寧です…

Youfukuji39
すべり台のような… これも排水口でしょうか???
手向山の要塞跡でも似たようなものを見た気がします…

Youfukuji40
まるで山城跡を思わせる石垣… 最初の正門広場に着きました…

Youfukuji36Youfukuji41
正門広場にある「ポンプ室」…
何気ない窓の意匠にもこだわりを感じます…

Youfukuji44
ぐるっと廻ってきましたが
やっぱり正門広場奥にある桜が一番きれいです…

この年に一度の“花見開放”は
毎年(日によってかも)立入禁止区域が異なるようです…
また来年、チャンスがあれば訪れたいな…

〈参 考〉

Youfukujichosuichi
竣工当時の「養福寺貯水池」(絵葉書より※画像補正あり
管理事務所とアーチ橋がはっきり見えます…

八幡製鐵 大谷プール跡

八幡東区大谷にあった
『八幡製鐵 大谷プール』跡に行ってみました…

Otani01
プールがあった場所は
新日鐵住金の『2代目大谷体育館』になっています…

Otani02
その体育館横の法面(のりめん)に観客席の一部が残っています…

Otani04
夕暮れだったので、ちょっと寂しい気持ちになりました…

Otani08
選手から見たらこんな感じかなあ…
(昭和23年には国体も開かれたという)

Otani10
ここに思い出は無いけれど、残してくれてありがとう…

Otanipool
(C)1958 松竹株式会社
〈参考〉1958年公開の松竹映画『この天の虹』に出てくる「大谷プール」…
「この天の虹」に出てくる昔の北九州

Otanipool1953_2
(C)毎日新聞社
〈参考〉「大谷プール」で遊ぶ子供たち(1953年)…

Otani03
観客席下の壁面に「末広杯高校水泳場跡」の
製鐵らしい金属の銘板がありました…
末弘巌太郎(いずたろう)氏の揮毫(きごう)が印字されています…

末弘杯 全九州高等学校水泳大会
大会は1936年に近県中等学校水上競技大会として、八幡東区にあった八幡製鐵大谷プールでスタート。1958年から、日本水泳連盟の初代会長である故・末弘巌太郎氏にちなみ『末弘杯』の名を冠するようになった。かつて「末弘杯を制する者は、全国を制する」といわれた時代もあり、末弘杯で成長し五輪に出場した選手はローマ五輪銅メダルの田中聡子選手ら50人以上に上る。その後、北九州市立文化記念公園プール(小倉南区)に移り、現在は福岡県立総合プール(福岡市)で開催している。※引用:西日本新聞

Otani09
上部のプレートには
「建立2003年5月 八幡製鐵大谷プール(1934・8〜1999・2)」…
約65年の歴史でした…

Otani11
帰路の途中、近くの『大谷会館』を撮影…

Otani12
ここは旧八幡製鐵の社員クラブでした…

河内貯水池の秋 2014

八幡東区にある「河内貯水池」…
『旧 官営八幡製鐵所(現 新日鐵住金)』所有の工業用貯水池(ダム)です…
日本近代化の礎になりました…

Kawachi19
「堰堤(えんてい)駐車場」にある全体案内図…

Kawachi12
上記案内図「近代化遺産位置図」部分をアップ…

河内貯水池 (竣工年 1927年)
1916年(大正5年)第3期拡張計画と将来の給水計画により、1919年(大正8年)八幡東部を貫く板櫃川の渓谷を堰止め、430万円という、当時としては巨額の費用と、延べ90万人という多大な人力、そして8年という歳月を費やし着工され、1927年(昭和2年)、東洋一のダムとして竣工した。
貯水池周辺にはそれぞれの構造形態をもつ河内5橋(北河内橋、南河内橋、中河内橋、猿渡橋、水無橋)が架けられている。
これら橋や建物、池などの構造物は、当時の八幡製鐵所 土木部長そして詩人でもある沼田尚徳氏の設計によるもので、多様な組積方法による造形美は、北河内産石材を使って表現されている。(案内図より)

Kawachi101
堰堤駐車場の山側にある階段を登ると無人の「管理事務所」があります…
土木部長 沼田尚徳氏の書“遠想”…

Kawachi102
八幡西区の「養福寺貯水池」にもそっくりな施設があります…
養福寺貯水池 花見開放

Kawachi127
紅葉に呑み込まれそうな「堰堤(1927年竣工)」…

Kawachi01_4
「養福寺貯水池」と違って堰堤上は立入自由です…

Kawachi02_5
堰堤中央部にある「取水塔」…

Kawachi50
堰堤先の岩場にはめ込まれた英文の石板…
KAWACHI RESERVOIR. = 河内貯水池
COMPLETED IN SHOWA 2.(1927)= 昭和2年(1927年)竣工
DESIGNED AND BUILT BY = 設計・建設
H.NUMATA. M.AM.SOC.CE. = 沼田尚徳 米国土木学会会員
M.ADACHI. C.E. = 足立元二郎 チーフエンジニア
Y.MATSUO. ASST ENG. = 松尾愛亮 アシスタントエンジニア

Kawachi09
堰堤横の表示板には「新日鐵」の社章(マルエス×フジエス)が現存…

Kawachi10
ダムの横には満水時に活用される放水路があります…

Kawachi106
堰堤下につながっている階段… 現在立入禁止です

Kawachi108
いい感じに自然の中に同化しつつある「堰堤下の弁室」…

Kawachi115
「堰堤下の弁室」付近は現在立入禁止です…

Kawachi107
堰堤上から板櫃川下流を望む… 中央は「太鼓橋」

Kawachi112
名前と違って洗練されたフォルムの「太鼓橋(1925年竣工)」…

Kawachi114
「太鼓橋」から見た「減勢池」にかかる紅葉…

Kawachi99
堰堤下の「減勢池」…

Kawachi128
地味な印象を受ける「北河内橋(1921年竣工)」…

Kawachi27
石造り三連アーチが美しい「中河内橋(1926年竣工)」…

Kawachi23
Kawachi22
Kawachi20
2006年に国の重要文化財に指定された「南河内橋(1926年竣工)」…
通称“魚形橋”または“めがね橋”と呼ばれています…

Minamikawachi
〈資 料〉河内貯水池魚型橋の光景(昭和6年)の絵葉書
当時は自動車も利用できたようです…
橋の上部両側に八幡製鐵所の社章「マルエス」マークもありました…

Kawachi109
河内桜公園内にある「桜吊橋」… 新しく公園用に整備されたもの

Kawachi111
「桜吊橋」を渡ると「亜字池噴水の弁室」があります…

Kawachi117
石造りの噴水が3基並ぶ「亜字池噴水」… 随分稼働してないようです

Kawachi118
「亜字池噴水」と「弁室」との位置関係…

Kawachi119
「亜字池噴水」横にある水道橋「大河原橋」…

Kawachi124
板櫃川下流の遊歩道…

Kawachi126
Kawachi120
Kawachi121
まるで遺跡のようになってる「三方弁室跡」… 桜公園の遊歩道近くにあります

Kawachi24
河内サイクリングセンター近くにある「西南女学院(小倉北区)」の研修所…

Kawachi28
門扉は閉ざされたまま… どうも使用されてないようです

Kawachi25
この「西南女学院 河内研修所」が
1958年の松竹映画『この天の虹』に出てくる
「八幡製鐵 健康保険クラブ(八幡製鐵 河内寮)」だったとのこと…

Kenkoclub_2
(C)1958 松竹株式会社
〈参 考〉「この天の虹」に出てくる昔の北九州

Kawachi129
貯水池周辺には数多くの廃墟が存在します… ホテル跡かな???
(追記:「河内荘」とのことです)

〈資 料〉

Kawachi01_3
(C)新日鐵住金八幡製鐵所
河内堰堤 工事風景(1925年)

Kawachi02_4
(C)新日鐵住金八幡製鐵所
河内堰堤 放水風景(1927年)
手前「太鼓橋」から眺める関係者… 右上「管理事務所」も見える…

SEIZO WATASE _ KITAKYUSHU

  • Wataseseizo_mojiko(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    潮風の舞う駅

    JR門司港駅(門司区)

    Ws01(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    Retro Romance -レトロ ロマンス-

    JR門司港駅(門司区)

    Watase503(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    海峡の街~汐風のプロローグ~

    旧大阪商船(門司区)

    Ws02(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    ヴィーナスの煌くとき

    国際友好記念図書館(門司区)

    Watase501(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    ~汐風のくれたキミの歌~

    ブルーウィングもじ(門司区)

    Kanmonkyo(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    風と波のコンチェルト

    関門橋/関門海峡(門司区)

    Watase504(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    レンガ色の街

    門司赤煉瓦プレイス(門司区)

    Watasewfp(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    汐風の街・冬編

    門司駅北口ウォーターフロントプロムナード(門司区)

    Watase505(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    空港の四季〜春編

    北九州空港(小倉南区)

    Watase502(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    空港の四季〜夏編

    北九州空港(小倉南区)

    Kitakyushuairport(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    空港の四季〜秋編

    北九州空港(小倉南区)

    Kitakyushuap(C)SEIZO WATASE/APPLE FARM Inc.
    空港の四季〜冬編

    北九州空港(小倉南区)

プロフィール

  • Captainharlock

    isa
    北九州市小倉生まれ…
    八幡西区在住。アラフィフ也。テレビより基本ラジオ派。マイブームは海外ドラマ(ウォーキングデッド、ホームランド)、WOWOW「連続ドラマW」シリーズ。「昭和40年男」が愛読書。ブログはちょっとマニアックに興味あるものだけをゆる〜く更新中(現在は月イチレベル)。旅カメラ片手に北九州市内近郊をウロウロしています。ブログ内画像の無断使用禁止。別ブログ「黒崎そごうメモリアル」。
    記事数=340

World Access

  • Flag Counter

リンク