« 黒崎そごう出店経緯 | トップページ | 黒崎そごうオープン »

宇宙戦艦 黒崎そごうオープンキャンペーン

黒崎そごうオープン広告

Poster_6
話題を呼んだキャッチフレーズ『まるで宇宙戦艦!黒崎そごう』
(B3判中吊りポスター)

Sogoorikomi_3
オープン前日に折り込んだB2判新聞折込広告(1979年10月5日)

Openshimbun
新聞特集「躍進するそごうグループ」のカラー広告
(1979年10月3日・朝日新聞西部本社版・全5段)

Openisshiki_2_thumb
Kurosaki04
opencard上:オープン1ヵ月前の1979年9月3日からスタートした「訪問キャンペーン(ローラー作戦)」用のパンフレット(外袋・ケース・本冊)
※前年にオープンした「札幌そごう」パンフレットを踏襲している
右:同封していたオリジナルポストカード(3枚入)

Yamato_4

(参 考)
大ヒット映画『さらば宇宙戦艦ヤマト〜愛の戦士たち〜』は1978年8月上映で、黒崎そごうが開店した1979年は空前の『宇宙戦艦ヤマト』ブームの真只中。黒崎そごうでもオープン週にキャッチフレーズにちなみ「宇宙戦艦ヤマト展」を開催しています。オープン時の担当広告会社は「株式会社大広」で、外観を戦艦に見立てた発想、ヤマトブームのタイムリー性といい、当時としては秀逸のキャッチフレーズと言えます。有楽町そごうの「有楽町で逢いましょう」までは行きませんが・・・。なお、原作者の漫画家「松本零士」氏が地元北九州市出身(福岡県立小倉南高校卒)と言うのは当時まだ知られてなかったと思われますので、偶然の産物と言えます。(C)オフィス・アカデミー(C)松本零士・東北新社

黒崎そごうオープンTVCM

インパクトがあり当時評判だったオープン告知テレビスポット。
25年以上たった今でも強い印象を残しているCMと言えます。
■商品名:黒崎そごう(平常版)※オープン後使用版
■広告主:株式会社そごう
■広告代理店:株式会社大広
■制作会社:株式会社Bushman(現像:東洋現像所ビデオセンター)
■時間:15秒
■放映エリア:福岡県全域および関門エリア
■挿入歌:揃ってそごうへ行こう(作詞・作曲:いずみたく)※1966年

     Cm1
     放送されていない冒頭ロゴマーク
     Cm3
     「S!O!G!O!」※合唱
     Cm2
     「そごうへ行こう」※合唱
     Cm4
     「S!O!G!O!」※合唱
     Cm5
     「そごうへ行こう」※合唱
     Cm6
     「まるで宇宙戦艦!」※ナレーション
     Cm7
     「全国スケールの本格デパート」
     「黒崎そごう!」※ナレーション
     Cm8
     「そろってそごうへ」※合唱
     「行こお!」※ナレーション
     Cm9
     エンドのロゴマーク

YouTubeにアップしました・・・

黒崎そごう通年ラジオCM

KBCラジオ 午前10時の時報スポット
『SOGOそごうへ行こう・・・黒崎そごうは只今10時開店です』(時報)
『SOGOそごうへ行こう・・・黒崎そごうは本日お休みです』(時報)

黒崎そごう1社提供ラジオ番組

FM福岡 「黒崎そごうサマーウィンド」
ハートカクテルvol.1(松岡直也 作曲)をBGMにした
オシャレな週1回の5分間番組(1990年夏頃〜)


« 黒崎そごう出店経緯 | トップページ | 黒崎そごうオープン »