« 黒崎そごうとペデストリアンデッキ | トップページ | 黒崎そごう主な催事・歩み »

黒崎そごうの包装紙

百貨店の顔でもある包装紙。
黒崎そごう営業期間(1979年〜2000年)は
全店共通の2種類の包装紙が使用されました。
(慶弔およびクリスマス等催事包装紙は除く)
切替え時を失念しておりますが、「小倉そごう」オープン前の
1993年のお中元からではないかと思われます。たぶん…

そごうのフラッグシップストアであった
「横浜そごう」がグリーン地に“YOKOHAMA”ロゴが入った
単店独自の包装紙を使用していたので
ストアアイデンティティの統一と言う意味で
グループ全店で踏襲したデザインに変更になりました。
(実際は紙厚を薄くし刷色を統一したランニングコストの削減が目的)
個人的には老舗百貨店らしい前期のデザインが好きだったのですが…

(そごう豆知識)
下記のピンク/グレーの包装紙は、
昭和36年(1961年)「そごう東京店宣伝部」でデザイン
されたもので「▲▼ちきり」マークの大きさを均一に
並べるのではなく図案の幅に変化をもたせてます。
これは、小さな商品を包んでも単調な感じにならないように
するための工夫と言われていました。
翌年より、そごう全店で使用されるようになりました。

Sogo_wrapping1
包装紙前期:開店〜

Sogo_wrapping2
包装紙後期:〜閉店

Sogo_wrapping
そごう歴代包装紙
(上から順に明治38年・41年・41年・昭和10年・25年・27年・32年・36年)

Giftshiori_2
進物しおり

Sogohaisosystem
そごうグループ直接配送システム(1995年時)


« 黒崎そごうとペデストリアンデッキ | トップページ | 黒崎そごう主な催事・歩み »