« そごう保養所「別府心温閣」 | トップページ | 幻のデパート「福岡そごう」 »

宿命のライバル そごう vs 井筒屋

「黒崎そごう」オープンにあたり、
ライバル「八幡井筒屋(現 黒崎井筒屋)」対策として
ハード面で「八幡井筒屋」の増床拡張を抑えるために
「八幡井筒屋」の道路を挟んで南側の酒店の土地を購入し
5階建ての「ふれあい会館」ビルを建設。
(そごう文化教室・中華料理 紅林・サン明治屋等が入居)
更に道路を挟んで東側アーケード内の旧焼肉店跡地を購入し
ゲームセンターとして貸し出しました。
これにより、ふれあい通りに面した「八幡井筒屋」は
狭小店宿願である増床拡張を断念するしかありませんでした。
もちろん、迎え撃つ「井筒屋」も「黒崎そごう」対策として
「黒崎そごう」オープンから2年後の1981年に
郊外型の低層百貨店「本城井筒屋(1984年閉店)」
をオープンさせています。
更に更にグループ店「小倉そごう」のオープンに際し
「小倉そごう」建設予定地の一角を
「井筒屋」の子会社「宝町会館」が購入。
地権者となり、一時「小倉そごう」オープンにストップが
掛かった経緯もあります。まあ、お互い様です…

Sogo_busstop
今は無き西鉄バス停「黒崎駅そごう前」

1994magari
北九州曲里蠟燭能 協賛広告(1994年)

「小倉そごう」と「黒崎そごう」の複雑な関係
前章でも記載しましたが、元々、九州出店には「そごう」独自による「小倉そごう」出店計画のみが存在し、「黒崎そごう」は北九州市からの要望によるイレギュラー出店でした。当時、九州では知名度ゼロの「そごう」ブランド。そこから地道にストアブランドの構築と顧客作りを進めてきた「黒崎そごう」ですが、開店14年目に「小倉そごう」が開店します。店舗規模は「黒崎そごう」の約1.5倍で、最新設備に豪華な内装、シャネルなどのスーパーブランドを導入した重量級仕様。都心小倉と副都心黒崎の立地。安普請「黒崎そごう」はどう見ても太刀打ちできません。「小倉そごう」は「そごう本社」から投入された潤沢な宣伝広告費で、豪華イベントや、広域テレビスポット、さらに新聞折込チラシも「黒崎そごう」の商圏全域をもカバー。「黒崎そごう」の地盤を荒らすライバル店でもありました。「黒崎そごう」にとって「小倉そごう」は、人事交流の深い姉妹店。さらに出資先(20%)でもあるため、法人格としては先輩「黒崎そごう」が上、グループ内の店格は後輩「小倉そごう」が上。隣接商圏ゆえのこの複雑な人間関係ならぬ店舗関係は、「そごう」特有の別法人独立採算制の弊害と言えます。その原則独立採算制のはずなのに「黒崎そごう」の利益は、全く関係のない、絢爛豪華な超赤字店舗「奈良そごう」への補填に使われていたという矛盾。まあ「小倉そごう」に関しては、下関・北九州・筑豊・京築・中津エリア圧倒的地域一番店になることが「そごう」グループの至上命令だったので仕方ないのですが…
それにしても閉店時にあった「小倉そごう」約400億円、「黒崎そごう」約200億円の売上はどこに消えてしまったのだろうか…


« そごう保養所「別府心温閣」 | トップページ | 幻のデパート「福岡そごう」 »