« そごう保養所「別府心温閣」 | トップページ | 幻のデパート「福岡そごう」 »

宿命のライバル そごう vs 井筒屋

「黒崎そごう」オープンにあたり、
ライバル「八幡井筒屋(現 黒崎井筒屋)」対策として
ハード面で「八幡井筒屋」の増床拡張を抑えるために
「八幡井筒屋」の道路を挟んで南側の酒店の土地を購入し
5階建ての「ふれあい会館」ビルを建設。
(そごう文化教室・中華料理 紅林・サン明治屋等が入居)
更に道路を挟んで東側アーケード内の旧焼肉店跡地を購入し
ゲームセンターとして貸し出しました。
これにより、ふれあい通りに面した「八幡井筒屋」は
狭小店宿願である増床拡張を断念するしかありませんでした。
もちろん、迎え撃つ「井筒屋」も「黒崎そごう」対策として
「黒崎そごう」オープンから2年後の1981年に
郊外型の低層百貨店「本城井筒屋(1984年閉店)」
をオープンさせています。
更に更にグループ店「小倉そごう」のオープンに際し
「小倉そごう」建設予定地の一角を
「井筒屋」の子会社「宝町会館」が購入。
地権者となり、一時「小倉そごう」オープンにストップが
掛かった経緯もあります。まあ、お互い様です…

Sogo_busstop
今は無き西鉄バス停「黒崎駅そごう前」

1994magari
北九州曲里蠟燭能 協賛広告(1994年)


« そごう保養所「別府心温閣」 | トップページ | 幻のデパート「福岡そごう」 »