« 西日本新聞への投書 | トップページ | 〈追記〉黒崎そごうの残像 »

黒崎そごう閉店の日

平成12年…
2000年12月25日(月)クリスマス 午後7時30分
黒崎そごう21年間の歴史に幕…

retsu
1階正面玄関 入場制限

sale
2階レディスフロア 盛況が虚しい閉店セール

miokuri
2階正面玄関 最後のお見送り(一番奥:最後の店長 濱田氏)

miokuri2
整列した幹部&サービス課社員の間をお客様が通り抜ける…

Omiokuri_2
全員でお見送り…

heiten
閉店の瞬間(正面玄関のシャッターが降りる)
「21年間ありがとうございました…」

heitensaigo
「皆さん、さようなら…」

tekkyo
閉店後、商品・什器すべてが撤去された店内
(3階婦人服フロア)

shimbun
翌日の新聞記事の一例
(2000年12月26日・読売新聞西部本社版)

asahinp
(2000年12月26日・朝日新聞西部本社版)
                 
                  logo

参考文献〈一覧〉

●株式会社そごう社史(そごう社長室弘報室)昭和44年
●株式会社そごう小史(そごう小史編集委員会)昭和54年
●社報そごう(そごう本社広報室)昭和54年10月黒崎そごう開店準備号〜平成12年最終号
●お元気ですか(そごう健康保険組合)昭和63年4月号〜平成12年最終号
●黒崎駅東地区市街地再開発史(黒崎駅東地区再開発組合)昭和55年
●全そごう労働組合三十年の歩み (全そごう労働組合)昭和57年
●そごう各店開店パンフレット普及用・VIP用


●百貨店叢書「そごう」(村上静人:百貨店新聞社出版部)昭和17年
●そごうの全貌 (山森俊彦:ストアーズ社)昭和55年
●不死鳥・そごうの経営 (和田進:評言社)昭和56年
●そごう怒涛の大航海「水島そごう」日本一への出帆 (山森俊彦:ストアーズ社)昭和63年
●そごうさらに壮大なる未来へ (山森俊彦:ストアーズ社)平成4年
●日本最大の百貨店 そごうの実像 (日経ビジネス11月9日号 )平成4年
●[ポケット社史]そごう地域密着・地域貢献の経営 (佐藤正忠:経済界)平成6年
●「そごう」に新しい神話がはじまった (佐藤正忠:経済界)平成6年
●小説「翔べ!そごう」 (渡辺 一雄:廣済堂出版)平成6年
●小説「そごう」崩壊 (渡辺一雄:廣済堂出版)平成12年
●ブランドはなぜ墜ちたか そごうの深層 (産経新聞取材班:角川書店)平成13年
●そごう 壊れた百貨店—乱脈経営の全貌とメインバンクの過ち
(『週刊ダイヤモンド』特別取材班:ダイヤモンド社)平成13年
●ドキュメントそごう解体—裁かれる「バブル経営」(日本経済新聞社)平成14年
●神様の墜落〈そごうと興銀〉の失われた10年 (江波戸哲夫:新潮社)平成15年


« 西日本新聞への投書 | トップページ | 〈追記〉黒崎そごうの残像 »