« 幻のデパート「福岡そごう」 | トップページ | そごうグループ倒産 »

北九州市の副都心「黒崎」最盛期

1983年の国鉄黒崎駅前

「2百貨店・4量販店」
黒崎で大型商業施設の集積がピークだったころです。
まだ、北九州市の〝副都心〟としての存在をアピールできていたころと言えます。

Kurosaki1983
(1)トポス黒崎店(ディスカウントストア)※旧 ダイエー黒崎店
(2)八幡井筒屋(百貨店)※現 黒崎井筒屋
(3)長崎屋黒崎店(総合スーパー/GMS)
(4)ユニード黒崎店(総合スーパー/GMS)※旧 丸栄黒崎店
(5)ジャスコ黒崎店(総合スーパー/GMS)
(6)黒崎そごう(百貨店)

1993年の黒崎地区全景

Kurosakizenkei
右奥に白く巨大な「メイト黒崎ビル」。洞海湾を挟んで対岸は若松。中央の細長い緑地帯は長崎街道の名残り「曲里(まがり)の松並木」です。今は無き「北九州プリンスホテル(現ホテルクラウンパレス北九州)」の16面テニスコートが目を引きます。

1990年代中盤のJR黒崎駅前(正確な年は不明)

kurosakieki
すでに「ジャスコ黒崎店」が「黒崎フォーラス(1990年9月22日開店)」に業態変更しており「黒崎そごう」には、「SEGA WORLD」のネオン看板が設置されています。他に「黒崎井筒屋」「長崎屋黒崎店」「トポス黒崎店」の看板が見えます。まだ、手前の「黒崎駅西地区再開発ビル(コムシティ)」の姿はありません。「コムシティ」含め、現在、残っているのは「黒崎井筒屋」のみとは…

2001年のJR黒崎駅前(上の写真の逆アングル)

kurosakigenzai
JR黒崎駅を中心に南側に放射線状に商業地帯が広がる「黒崎」。JR鹿児島本線と国道3号線、2つの九州の大動脈の間に2つの巨大な再開発ビルが並びます。

左上(黒崎駅西地区再開発ビル):コムシティ
右下(黒崎駅東地区再開発ビル):黒崎井筒屋(旧黒崎そごう)
左下:井筒屋アネックス-1(旧黒崎井筒屋)
遠方に洞海湾、北九州工業地帯(三菱マテリアル・三菱化学・
安川電機等)が広がっています。
※現在、井筒屋アネックス-1向かいの「長崎屋黒崎店」は解体され
 ビジネスホテル「アルクイン黒崎」になっています。

kurosakinishi
手前(黒崎駅西地区再開発ビル):コムシティ
奥 (黒崎駅東地区再開発ビル):黒崎井筒屋(旧黒崎そごう)


« 幻のデパート「福岡そごう」 | トップページ | そごうグループ倒産 »