« そごうに史上最高額の借金棒引き要請をさせた男
“怪物”水島会長の虚と実
| トップページ | そごう 全貌がつかめない巨額のグループ債務 »

新社長登場 山田恭一氏[そごう]

Yamada

日経ビジネス 1999.08.23

土壇場での登板、再建は待ったなし

 「『おめでとう』より『ご苦労さん、大変だな』と言わなければいかんなあ」ー。今年4月の社長就任時、山田氏は友人たちにこう言葉をかけられたという。それもそのはず。国内外合わせて1兆1000億円に及ぶ売上高を誇るそごうは今、存亡の危機に立たされているのだ。金融機関からの借入金は売り上げを大きく上回る1兆7000億円。肝心の本業も不況下で低迷し続けており、1997年度に立てた4年で借入金を1000億円圧縮するという計画は、達成が極めて困難だ。
 さらなる心配もある。メーンバンクの1つである日本長期信用銀行の今後の行方だ。特別公的管理(一時国有化)されている長銀の譲渡先の意向次第では、整理回収機構に回されないとも限らない。負の遺産の処理には一刻の猶予もないのだ。
 水島廣雄会長の下で長年、経営の一端を担ってきた上に、71歳という高齢もあって、山田氏の社長就任に疑問符をつける声もある。その点は山田氏本人も「自分にも責任があるし、年齢的に引退する時期を過ぎている」と認める。しかし「この厳しい時期に、社長としてカジ取りのできる人材が社内では見つからない。人材育成を怠ってきたのは我々の責任だが、誰かが泥をかぶって再建を軌道に乗せなければならない時に、逃げ出すわけにはいかない」と不退転の決意を見せる。
 その一方で、全国の店舗を精力的に回り、従業員を励ましながら努めて笑顔を見せる。「会社全体の雰囲気は落ち込みがちだが、百貨店が明るさを失ってはいけない。危機感を持ちながら、元気に仕事をしようとハッパを掛けている」。山田氏をよく知る電通の成田豊社長は「いつも明るく、相手の立場を気遣う人だが、その半面、意志が強く、行動力もある。今そごうの社長を務められるのはこの人をおいていないのではないか」と強調する。
 その意志の強さと行動力は、阪神大震災で半壊した神戸店の再建でも発揮された。復興本部長を務めた山田氏は水島会長の「全権一任」の言質を取り、自ら金融機関や役所などを駆け回った。そして、1年半以上かかると言われた全館営業を1年で成し遂げた。
 山田氏は京都大学農学部を卒業後、人事・労務畑を20年以上も歩んできた百貨店のトップとしては異色の経歴の持ち主だ。人事関連の本を執筆するなど社内きっての論客でもある。そんな山田氏にかかる期待は大きいが、それには同氏が「偉大な存在」と公言する水島会長がとってきた政策を、あえて否定することも必要だ。「そごうに命をかけてきた男」(電通の成田社長)である山田氏が、「2年後にはグループ全店で単年度経常黒字」という目標を実現できるのか。道は厳しいが、後戻りはもはや許されない。

« そごうに史上最高額の借金棒引き要請をさせた男
“怪物”水島会長の虚と実
| トップページ | そごう 全貌がつかめない巨額のグループ債務 »

水島廣雄 氏


  • Mizushima_5

    1912年4月15日京都府舞鶴市生まれ。元そごうグループ代表(本社会長・社長/グループ各社会長・社長・相談役)。元中央大学顧問(兼理事・評議員)。元東洋大学名誉教授(兼理事)。元大東文化大学理事。法学博士。1936年に中央大学法学部を主席で卒業後、日本興業銀行に入行。東北支店(当時福島市)に配属。1939年本店証券部信託課に転勤。融資課長、発行課長、証券部次長、中小工業部次長、特別調査室部長待遇考査役と歩み、その後、そごう副社長に就任。1953年に学位論文「浮動担保(フローティング・チャージ)の研究」で法学博士号を取得。第5回毎日新聞学術奨励賞受賞。この論文が1958年に「企業担保法」という法律に結びつく。中央大学では1963年から70歳の定年になるまで20年間、週2コマの銀行信託論を教えた。東洋大学では1956年から27年間、週5コマを教えた。なお、中央大学では理事長職・総長職への打診を9回断っている。2014年7月28日心不全のため死去。享年102。
    ●1958年 副社長就任
    ●1962年 社長就任
    ●1982年 (ヴァチカン最高位勲章受章)
    ●1988年 (経営者賞受賞)
    ●1988年 (ヴァチカン最高位勲章受章)
    ●1989年 (新技術開発財団会長就任)
    ●1990年 (近畿百貨店協会会長就任)
    (日本百貨店協会副会長就任)
    ●1993年 (ヴァチカン最高位勲章受章)
    ●1994年3月 会長就任
    ●1994年 (エンコミエンダ勲章受章)
    ●1998年 (レジオン・ドヌール勲章受章)
    ●2000年4月 会長(全役職)辞任

山田恭一 氏


  • Yamada

    1928年3月31日兵庫県生まれ。1952年京都大学農学部卒。同年そごう入社。以後20年間にわたり人事・労務畑一筋。元そごう社長。元そごうグループ経営会議議長。2010年7月2日肺炎で死去。享年82。
    ●1952年 そごう入社
    ●1970年 取締役
    ●1974年 常務取締役
    ●1976年 兼神戸店長
    ●1979年 専務取締役
    ●1988年 副社長就任
    ●1989年 そごうインターナショナルデベロップメント社長就任
    ●1993年 神戸店管掌
    ●1995年 神戸店復興本部長・海外事業専担管掌
    ●1997年 監査室管掌
    ●1999年1月 社長代行・営業本部長
    ●1999年4月 社長就任
    ●2000年7月 社長辞任

そごうフォトデータ

  • そごう神戸店 店ひらき封筒(昭和8年10月1日)
    画像数894(2015年1月現在)・画像名・提供者名・旧店名表記※そごう画像掲示板倉庫